14-3-3タンパク質

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動

14-3-3タンパク質とは、脳脊髄液(CSF)中に存在し、現在、散発性クロイツフェルト・ヤコブ病(sCJD)患者同定に使用されています。

ヒトでは7種類の14-3-3タンパク質が発見されています。

sCJDの診断において、14-3-3-3タンパク質の感度は92%、特異度は80%です。14-3-3-3が陰性であれば、sCJDの疑いを減らすことができるかもしれません。

14-3-3-3は急性脳卒中脳炎、その他の認知症では偽陽性となる可能性があるため、既往歴との関連性が必要である。

歴史と語源

DEAEクロマトグラフィー溶出すると14画分目に分布し、ゲル電気泳動で追加分析した後、3.3画分目に分布していることが判明した最初のタンパク質の発見時に由来する。

参考文献