「安定ヨウ素」の版間の差分

提供: メディカルウェア
ナビゲーションに移動 検索に移動
imported>PACS
imported>PACS
 
1行目: 1行目:
 
'''安定ヨウ素'''とは、数ある[[ヨウ素]]の[[同位体]]のうち、唯一の安定同位体であるヨウ素127 (127I)のことである。
 
'''安定ヨウ素'''とは、数ある[[ヨウ素]]の[[同位体]]のうち、唯一の安定同位体であるヨウ素127 (127I)のことである。
  
自然界に存在する[[ヨウ素]]のほぼ100%はこの安定ヨウ素(127I)である。
+
自然界に存在する[[ヨウ素]]のほぼ100%は、この安定ヨウ素(127I)である。
  
== 資源 ==
+
2008年度の日本国内の安定ヨウ素の生産量は9,231t、工業消費量は3,288tであり、日本の安定ヨウ素生産量のほとんどは千葉県にある水溶性天然ガス鉱床(南関東ガス田)から産出する地下水から生産されている。これは全世界の安定ヨウ素生産量の22%にあたる数字であり、日本の数少ない輸出資源となっている。
2008年度の日本国内の安定ヨウ素の生産量は9,231t、工業消費量は3,288tであり、日本の安定ヨウ素生産量のほとんどは千葉県にある水溶性天然ガス鉱床(南関東ガス田)から産出する地下水から生産されている。これは全世界の安定ヨウ素生産量の22%にあたる数字である。
 
  
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==

2011年3月25日 (金) 09:18時点における最新版

安定ヨウ素とは、数あるヨウ素同位体のうち、唯一の安定同位体であるヨウ素127 (127I)のことである。

自然界に存在するヨウ素のほぼ100%は、この安定ヨウ素(127I)である。

2008年度の日本国内の安定ヨウ素の生産量は9,231t、工業消費量は3,288tであり、日本の安定ヨウ素生産量のほとんどは千葉県にある水溶性天然ガス鉱床(南関東ガス田)から産出する地下水から生産されている。これは全世界の安定ヨウ素生産量の22%にあたる数字であり、日本の数少ない輸出資源となっている。

関連項目[編集 | ソースを編集]