マンモグラフィ

提供: メディカルウェア
2011年3月23日 (水) 01:17時点におけるimported>PACSによる版
ナビゲーションに移動 検索に移動

マンモグラフィー (mammography,乳房X線撮影)は、乳癌診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影のことである。DICOMで規定されるモダリティ記号はMGである。医療現場ではマンモという呼び方が一般的である。

通常、4回ものX線曝射が必要となり、また決して快適とは言えない状態(乳房の圧迫)であるため、短時間で、できるだけ被曝を少なくするように工夫されている。

撮影対象が軟部のみなので、X線の波長・エネルギーの最適値も一般撮影(主に骨格)とは大きく異なり、たとえばX線管の管電圧も一般が100kV前後であるのに対し、マンモ撮影では25-35kV程度となっている。

被曝量は、通常0.05~0.15ミリシーベルト、あるいはそれ以下となっている。このような低い線量でも鮮明に撮影できるよう、早くからデジタル化(コンピューテッドラジオグラフィー化)が進んだ分野でもある。

デジタル・マンモグラフィーの画像は、非常に解像度が高く、また現在と過去の画像の比較表示など、一度に表示すべき情報量の多さは医用画像の中でも特出しており、臨床現場では高精細モニターの中でもトップクラスとなる500万画素以上のものを複数並べて使用するのが一般的となっている。