心胸郭比

提供: メディカルウェア
2011年7月10日 (日) 15:04時点におけるimported>PACSによる版
ナビゲーションに移動 検索に移動

心胸郭比(Cardio Thoracic Ratio, CTR)とは、胸郭に対する心臓の大きさの比のことで、胸部X線画像から心臓の拡大の程度を簡単に知る便宜的な方法であり、維持透析患者の目標体重ドライウェイト)を決める指標にもなっている。

その計測方法は医師によりまちまちであり、本当に簡便なものから、微妙に高精度なものまであるが、どの手法を用いても心胸郭比はそれほど厳密のものではない。これは、たとえば単純撮影する際の姿勢が立位なのか座位なのかという点をひとつとっても胸部X線画像は大きく異なってくるためである。

CTRの計測手法は多々あるため、どの手法を用いるかは病院施設ごとに院内ルールとなっている事が多い。