「カテーテル」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
8行目: 8行目:
 
1929年に西ドイツの医師である[[ヴェルナー・テオドル・オットー・フォルスマン]]が自分の腕にカテーテルを刺し、心臓まで届いたところを[[レントゲン写真]]を撮影したのが人体では始めてといわれている。
 
1929年に西ドイツの医師である[[ヴェルナー・テオドル・オットー・フォルスマン]]が自分の腕にカテーテルを刺し、心臓まで届いたところを[[レントゲン写真]]を撮影したのが人体では始めてといわれている。
  
ヴェルナー、1861年にフランスのシャボーとマーレイという2人の[[医師]]が試みた風船のついたカテーテルを馬の[[心臓]]に挿入し[[血圧]]を測ったという実験を医学書で見つけ、カテーテルを人間の肘の[[静脈]]から[[心臓]]まで挿入し、直接心臓に[[強心剤]]を投与できれば、心臓周りの[[動脈]]を傷つけることもなく死なずに済む[[患者]]も多くなるのでは、と考え、自らの人体を賭けた実験を強行したと言われている。
+
ヴェルナー、1861年にフランスのシャボーとマーレイという2人の医師が試みた風船のついたカテーテルを馬の心臓に挿入し血圧を測ったという実験を医学書で見つけ、カテーテルを人間の肘の静脈から心臓まで挿入し、直接心臓に強心剤を投与できれば、心臓周りの動脈を傷つけることもなく死なずに済む患者も多くなるのでは、と考え、自らの人体を賭けた実験を強行したと言われている。
  
このヴェルナーの実験は[[心臓カテーテル]]の可能性を広げたが、「人間はモルモットじゃない」「心臓に管を入れるなど患者に言える訳がない」など反対意見や非難が続出、当時の学会はこの実験結果を倫理的に認めず、ヴェルナーは病因を解雇されてしまい、歴史的な実験は埋もれてしまうこととなった。
+
このヴェルナーの実験は心臓カテーテルの可能性を広げたが、「人間はモルモットじゃない」「心臓に管を入れるなど患者に言える訳がない」など反対意見や非難が続出、当時の学会はこの実験結果を倫理的に認めず、ヴェルナーは病因を解雇されてしまい、歴史的な実験は埋もれてしまうこととなった。
  
 
だがそれから25年後、52歳になったヴェルナーのもとに思いもよらない知らせが届く。それはノーベル賞の受賞を知らせる手紙だった。ヴェルナーの実験はアメリカのクールナン博士とリチャ―ズ博士に感銘を与えていた。2人は患者に心臓カテーテルを使用し、有効であることを証明したのだ。そしてヴェルナーは1956年度の[[ノーベル生理学・医学賞]]を受賞した。
 
だがそれから25年後、52歳になったヴェルナーのもとに思いもよらない知らせが届く。それはノーベル賞の受賞を知らせる手紙だった。ヴェルナーの実験はアメリカのクールナン博士とリチャ―ズ博士に感銘を与えていた。2人は患者に心臓カテーテルを使用し、有効であることを証明したのだ。そしてヴェルナーは1956年度の[[ノーベル生理学・医学賞]]を受賞した。

メディカルウェアへの投稿はすべて、他の投稿者によって編集、変更、除去される場合があります。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はMedicalware:著作権を参照)。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

このページを編集するには、下記の確認用の質問に回答してください (詳細):

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

このページで使用されているテンプレート:

このページは 1 個の隠しカテゴリに属しています: