X線透視撮影

提供: メディカルウェア
X線透視撮影装置から転送)
移動: 案内検索

X線透視撮影(英語:fluoroscopy)とは、X線を用いてリアルタイムに観察部位を映し出す検査方法である。

検査の様子はリアルタイムでテレビのようなモニターで見るので医療現場ではX線テレビや単純にテレビ透視など様々な言われ方をしている。

モダリティメーカーの人間はDigital Radiography、略してDRと言うことが多い。たぶんCRと区別するためだと思うが「CRもデジタルだろ」というツッコミは禁止である。一方でDICOMのモダリティコードは「DX」である。最近ではフラットパネルをDXと設定していることも多い。

概要[編集]

装置[編集]

大雑把にいえば、X線一般撮影装置がスチルカメラであるとすると、X線透視撮影装置はビデオカメラに相当するものである。

静止画か、動画か、の違いこそあれ基本的な構造はほぼ一緒である。このためX線透視撮影装置を用いてX線一般撮影も行えたりする。ただし装置の値段には大きな差がある。空港の手荷物検査の機械みたいなものと思って間違いない。

古いX線透視撮影装置は普通のビデオデッキ(VHSデッキ)で検査を記録していたが、最近のX線透視撮影装置ではDICOMマルチフレーム画像として記録できるようになっている。なお、ビデオデッキは市販の物であるが医療機器承認番号のシールが貼られて1台100万円などで売られていた。

撮影[編集]

X線透視撮影はリアルタイム動画なので、患部を観察をしながら向きを変えたり、圧迫したりして、最も見やすい状態にして撮影することができる。

注腸造影検査)の観察をはじめ(主用途はほぼこれ)、カテーテル挿入時にカテーテルがどこまで進んでいるかの状態確認や、表面からは見えない細かい患部の処置時などに使われる。また、術中に素早く観察したい場合などにも用いられる。

また、最近でもないが、最近の機種ではX線造影剤の使用前と使用後の差分で血管だけを映し出すX線血管撮影なども行える(英語:Digital Subtraction Angiography, DSA)。X線透視撮影とX線血管撮影はほぼ機械の性能の違いであり、構造的には似たようなものだが、それぞれ区別するのが一般的である。モダリティメーカーのカタログによっては分かれないこともあるが、一応DICOMモダリティコードX線血管撮影XAと別枠となっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]