放射線科情報システム

提供: メディカルウェア
RISから転送)
移動: 案内検索

放射線科情報システム (Radiology Information System, RIS)とは、主に放射線機器による検査や治療の予約や検査履歴の管理を行うシステムのことであり、PACSにおける各種情報伝達の主軸となるシステムである。

電子カルテ医師による診療の経過を記入するシステムなのに対して、放射線科情報システムでは検査履歴や、放射線治療における治療計画の作成および照射録の管理などを行う。なお小規模なシステムでは放射線科向けの簡易なオーダーリングシステムのようなものである場合もあり、放射線治療関連の機能がバッサリ非搭載というのも見かける。放射線治療機器はある程度の規模の病院施設でなければ導入されていないので、小規模な施設ではこれで十分であったりする。

患者情報や予約情報などは病院情報システムHIS)やオーダーリングシステムなどと連動し取得するのが一般的である。

また、DICOM規格のモダリティワークリストMWM)と呼ばれる各モダリティ機器に対して患者情報や予約情報、検査終了の信号などをネットワーク経由で送受信する機能を備えているのが一般的である。この機能が無いと各モダリティー機器の個別のコンソール上で患者情報などを手入力しなければならないという煩雑な作業が発生するため、患者取り違えなどのヒューマンエラーの原因となりやすい。

関連項目[編集]