RFパルス

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

RFパルス(あーるえふぱるす、Pulsed Radio Frequency)とは、電磁波の一種であるラジオ波(Radio Frequency)の信号(Pulse)のことである。 簡単にいうとテレビや携帯電話などで使われている「電波」である。

概要[編集]

電気工学におけるラジオ波(RF)の定義では「10KHz~100GHzの電波」となっており、そのうち医学医療分野で主に使われているのは300KHz~6MHzである。

核磁気共鳴[編集]

以下、わかりやすく説明するため大雑把な記載である。詳細は専門の技術書を買え。

水素核原子は自然な状態ではバラバラな方向を向いているが、静磁場を与えると一斉に向きが揃う。 大雑把にいうと水(水分)に磁石をくっつけると鉄ほどではないが地味にくっつこうとしているわけである。

そこにRFパルスを垂直方向から照射すると、水素核原子は静磁場強度と周波数に応じた角度に傾き、RFパルスの照射を止めると元の方向(磁場の方向)に戻ろうとする。この元の方向に戻ろうとするときに水素原子核は微弱な電波(これもパルス)を発生させる。

この現象を「核磁気共鳴現象」といい、その水素原子核(体内の水分)が発する微弱な電波をとらえることで医用画像を生成する手法を「核磁気共鳴断層撮影」という。なお、この時に与える静磁場強度は「テスラ」という単位で表し、この強度(最大出力)はMRIの機種名の一部になっていることが多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]