OsiriX/プラグイン/Resample Data

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

OsiriXのResample Dataプラグインとは、シリーズ単位で画像を拡大縮小し、結果を新しいシリーズとして取得するプラグインである。

概要[編集]

Resample DataプラグインはOsiriX上で表示しているDICOM画像を、X(横)、Y(縦)、Z(スライス)の3方向にリサンプリングした結果を取得するプラグインである。なおリサンプリングといっても拡大縮小のみであり、Photoshopにあるような「変形」には対応していない。そもそも医用画像をリサンプリング変形させたら大事件である。

このプラグインは単純にXYZ方向に拡大縮小した画像(シリーズ)を新たなる画像(シリーズ)として保存したいという用途で使うものである。たとえば「512ピクセル x 512ピクセル x 512スライス」というオリジナルのシリーズ画像を、「1024ピクセル x 1024ピクセル x 1024スライス」の新しいシリーズ画像として取得するなどという事ができる。

なお、このプラグインを実行してもファイルなどには自動保存はされないので、手動でDICOM形式でファイルに書き出すなり、DICOMサーバーに送信するなりしよう。


なお、どういう用途で使いたくなるのかは不明である。

備考[編集]

Resample Dataプラグインの初期バージョンではプラグイン内部で地道に計算していたが、現在ではOsiriXの内部にも似たようなリサンプリングのルーチンが搭載されているということで、本来一般向けではないOsiriX自体のリサンプリングAPI(開発用機能)を強引に引っ張りだしてくるプラグインという内容になっている。

インストール[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]