ムントテラピー

提供: メディカルウェア
Mund Therapyから転送)
移動: 案内検索

ムントテラピー(略:ムンテラ)とは、患者やその家族に、病状診療方法の説明を行うこと。複数の診療方法がある場合にそれぞれの利点欠点を説明し、患者と相談する段階で使われる。

語源[編集]

ムントテラピーとは日本で勝手に作られた「喋って治療」という意味の医療用語である。 語源はドイツ語のmund(口)とtherapie(治療)であるがドイツをはじめ欧米でそのように呼称することはない。 なお、「喋って治療」といってもパッチ・アダムスが提唱するホスピタルクラウンとはまた別物である。

よって「mund therapie」や「mund therapy」などとググっても日本語のサイトしか出てこないし、間違って海外で使うと恥ずかしいので注意すること。

概要[編集]

医療従事者の発する言葉は、患者に大きな影響を及ぼし、治療効果にも差が出てくると言われており、適切なムントテラピーは心理療法的な側面もあるとされている。このため心理的ストレスを考慮し、ムントテラピーの場では必ずしも真実を告げない事もある。

心理的ストレスを与えず、専門的なことを「わかりやすく」説明するのは「本当の意味でわかっている人」であり、医師作業療法士などの器量が試される場でもある。

類似した用語にインフォームド・コンセントというのがあるが、こちらは心理的ストレスなど考慮せず、真実を明確に説明し、診療方針を明確に説明し、その治療計画でいいか「同意」までとる事をさす。なお、ムントテラピーはインフォームド・コンセントの趣旨と全くかけ離れているため、禁句にしている病院も結構ある。

関連項目[編集]