DICOM/Value Representation/CS

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

CS(語源:Code String)とは、DICOMタグのうち本体部分が文字列であることを表すVR(データ型)である。

概要[編集]

CSは、可変長で最大16バイトの文字列型であり、以下の文字を含めることができる。

  • 半角大文字英字(A-Z)
  • 半角数字(0-9)
  • ホワイトスペース
  • アンダースコア

また、CS文字列の行頭や行末に無意味なホワイトスペースを含む場合があるが、それらは読飛ばすこと。

以上からもわかるように、CSは人間が読むための文字列というよりは、一応人間も読めるが主としてコンピューターが読むための文字列と言った意味合いが強い。

VRの詳細はDICOMの規格書の5巻6章2節(PS3.5 6.2)を参照。

主なCSを用いているDICOMタグ[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]