CTN

提供: メディカルウェア
Central Test Nodeから転送)
移動: 案内検索
CTN
Central Test Node
最新版 3.0.6
対応OS Windows Linux
種別 DICOMツールキット
ライセンス パブリックドメイン
公式サイト http://erl.wustl.edu/research/dicom/ctn.html
  

CTNCentral Test Node)とは、北米放射線学会北米電子機器工業会DICOM規格を制定するにあたり、リファレンス実装としてワシントン大学セントルイス校で開発した、C言語で書かれた世界で最初のDICOMライブラリ実装、および同ライブラリを用いた実用的なサンプルアプリケーション群の名称である。DICOM規格のリファレンス実装でありオープンソースで提供されている。

あくまでCTNはDICOM発表にあたりデモンストレーション用に作成されたリファレンス実装であり、DICOM規格が定義する全機能を実装しているわけではなく、CTNがサポートするDICOM転送構文なども限定的である(暗黙リトルエンディアンのみ)が、ちょっとしたPACSを構築するくらいであれば結構使える。

CTNは2003年3月11日に提供されたバージョン3.0.6を最後に更新されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]