コンピューター断層撮影

提供: メディカルウェア
CTスキャンから転送)
移動: 案内検索

コンピューター断層撮影(英語:Computed Tomography、モダリティコードCT)とは、リング状に配置された可視光線のかわりに放射線を検出し撮影するデジカメカメラのようなものが回転しながら中心部の被写体を撮影する装置および検査方法である。

世間一般ではCTスキャンなどとも呼ばれる。 DICOMが定めるモダリティコードはそのまま「CT」である。 なお、近年ではPETCTが合体したPET-CTなるモダリティも出てきているが、DICOMではPTに分類すべきかCTに分類すべきか困る。

概要[編集]

CTは、X線を照射するX線管球と、X線を検出するX線検出器を配置したリング状の輪(ガントリという)を回転させながら、その中心に設置した寝台(クレードルという)の上の被写体を、X線写真を断続的に撮影する装置および検査方法である。その操作は基本的にCT撮影室の外側にある操作用端末(コンソールという)で行う。

CTでは360度回転しながら断続的にX線写真を撮影することで得られる複数の線状のX線写真を、計算により繋ぎ合わせる(再構成という)ことで、1枚以上の輪切りの医用画像を取得する装置および撮影法のことである。

歴史[編集]

世界最初のCTは1930年代にイタリア人放射線科医のアレッサンドロ・ヴァッレボーナ(Alessandro Vallebona)によってトモグラフィーの原理・技術が開発された。

1949年(昭和24年)に、弘前大学の高橋信次によって実用化一歩手前の高度な「X線廻転法横断撮影装置」が開発された。

そして1972年にミニコンピューターを用いたEMIスキャナゴッドフリー・ハウンズフィールドによって発表された。

進化[編集]

初期のCT[編集]

初期のCTは、1回転して撮影、テーブル移動を繰り返していた。

ヘリカルCT[編集]

ヘリカルCTHelical CT)とは、撮影(回転)とテーブル移動を同時に行い、螺旋状に撮影し、計算により画像を補正するようになったもの。

MDCT[編集]

マルチ・ディテクターCTMulti Detector CT, MDCT)とは、ヘリカルCTが更に進化したもので、複数(Multi)のX線検出器(Detector)を並列に並べたもの。

ADCT[編集]

エリア・ディテクターCTArea Detector CT, ADCT)とは、MDCTと基本構造は同じであるが、X線検出器を256列や320列も並べたMDCTのハイエンド機のことである。特定部位(エリア)を超高速で断続的に撮影(動画撮影)するのを主目的としている(主に心臓)。

DSCT[編集]

デュアル・ソースCTDual Source CT, DSCT)とは、一度にエネルギーの異なるボリュームデータを連続収集することが出来るもの(一度に2検査できる)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]