バイオセーフティレベル4

提供: メディカルウェア
BSL-4から転送)
移動: 案内検索

バイオセーフティレベル4(英語:biosafety level 4、通称:BSL-4)とは、細菌ウイルスなどの微生物病原体を取り扱う医療機関研究所などの施設の格付けである「バイオセーフティレベル」の最高ランクである。

概要[編集]

かつてはP4施設などと呼ばれていたがその語源が複数説存在し曖昧であったため、現在ではBSL-4という表現が用いられている。

バイオセーフティレベルは世界保健機関 (WHO) が制定したLaboratory biosafety manual[1](和訳:実験室生物安全指針[2])に基づき、各国それぞれが病原体の危険性に応じて4段階の取り扱いレベル(バイオセーフティーレベル)を定めている。

日本[編集]

日本の基準では、ヒトあるいは動物に通常重篤病気を起こし、容易にヒトからヒトへ直接・間接の感染を起こし、有効な治療法予防法は普通得られないエボラウイルスマールブルグウイルス天然痘ウイルスなどがこれに該当する。

日本にBSL-4施設はひとつもない。 事故が発生すればバイオハザードの恐れがあり、建造しようとするといわゆるNIMBYとして近隣住民の反対運動がおきるのが定番である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. World Health Organization (2004), WHO Laboratory Biosafety Manual (3rd ed.), Geneva: World Health Organization, p. 186, ISBN 92-4-154650-6, retrieved 2008-09-28 
  2. 北村敬; 小松俊彦 (2004), 実験室バイオセーフティ指針 (WHO第3版 ed.), 東京: バイオメディカルサイエンス研究会, p. 185, retrieved 2008-09-28