逆行性腎盂造影検査

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

逆行性腎盂造影検査(読み:ぎゃっこうせいじんうぞうえいけんさ、英語:retrograde pyelogram、略称:RP)とは、尿管にチューブを挿入して、そこへX線造影剤を流しこみ、その状態をX線撮影することで、尿管腎盂膀胱などの状態をはっきりと映し出し、異常がないか観察する検査のことである。

日本語の名称があまりにも長いので臨床現場ではRP(あーるぴー)と呼ばれることが多い。

概要[編集]

包み隠さず大雑把に言えば、男性器いわゆるペニスに太いストローをぶっ挿すということである。女性はとくに問題ないが、男性は想像しただけでショック死する恐れがあるため通常は麻酔をする。ただし、通常は本格的な全身麻酔ではなく、ほとんどがキシロカインゼリーなどの局所麻酔であり、気休め程度だと思った方がよい。


関連項目[編集]

参考文献[編集]