認知的不協和

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

認知的不協和(読み:にんちてきふきょうわ、英語:cognitive dissonance)とは、人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態になると、これを解消するために自身の態度や行動を変化させる現象のことである。

概要[編集]

認知的不協和は、ある人物にとって「不都合な真実」がいくつも重なると(ほとんどは2つ)、その人物はその不都合な真実をねじ曲げて良い方向に考えてしまう現象のことである。 ただし不都合な真実がいくつも重なりすぎると限界値を突破して、たとえば政治思想であれば反体制主義などに発展するのではないかと言われている。

認知的不協和は、宗教や詐欺、戦時下の捕虜などにおいて洗脳の手法として広く用いられている。 近年に多くみられるネット右翼ウェブ左翼なども認知的不協和によるものと推測される。

仮説[編集]

認知的不協和はマサチューセッツ工科大学の心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された。フェスティンガーが31歳のときに潜入したあるカルト集団において、教祖の予言が外れたにも関わらず、信者が増えていく様を目の当たりにし、「人は自身の中で矛盾する事象を抱えた場合に、これを解消するために自身の態度や行動を変化させるのではないか」という仮説をたてた。

実験[編集]

この仮説を検証するためフェスティンガーは学生を使った実験を行った。 まず学生を二つのグループにわけ、単調でつまらない仕事をさせた後に、その報酬として片方のグループには20ドルを、もう片方のグループには1ドルを与え、最後に「この仕事は面白かったか?」と聞いた。

その結果、報酬20ドルのグループの大半は「つまらなかった」と答え、報酬1ドルのグループは逆に「おもしろかった」と答えた。

フェスティンガーによれば、20ドルのグループは、

  • 「仕事が単調でつまらない」
  • 「つまらない仕事だから報酬が良かった」

という二つの認知が一致しやすいため、仕事のつまらなさを肯定した。

一方で1ドルのグループは、

  • 「仕事が単調でつまらない」
  • 「つまらない仕事なのに報酬も少ない」

という二つの認知は対立しやすいため、その不満やストレスを解消するために「単調だけどやってると面白い部分もあった気がする」と己の行動を正当化し、認知的不協和を解消しようとした。

その後の研究で、前向きな思考に正当化されるのは、認知的不協和の原因となる複数の不都合な真実のうち、最も変換が簡単なものであることも判明している。

実例[編集]

たばこ[編集]

この認知的不協和の実例としてよく上げられるのが喫煙者心理である。

喫煙者の大半は「タバコは身体に悪い」と認知している。 だが、禁煙するだけの強い意志はない。

そこで「タバコを吸っていても肺ガンになるとは限らない」「喫煙者でも長生きしている人はいる」などと思考を変化させ、自身の矛盾や偽善を正当化する。

不倫[編集]

不倫をしている者は「不倫は悪いこと」「不倫がバレたら事件になる」などの複数の認知がある。 ここで認知的不協和が発生すると「夫が悪い」などと不倫している自分は悪くないという思考になる。 前述のように認知的不協和では変換が簡単な不都合が正当化されるため、「大事件になるかも」を「大したことないだろう」に変換するより、「自分が悪い」を「夫が悪い」を変換する方が選ばれる傾向にある。

中国人民軍による米兵の洗脳[編集]

朝鮮戦争当時、中国ではアメリカ人の捕虜に対して、一握りの米や菓子、1本のタバコなど、少しの報酬を与える代わりに、反米的な文章を書かせるという洗脳を行っていた。厳しい拷問や多額の金銭で買収するのではなく、信念に反する行動に対して報酬が少なければ少ないほど洗脳対象の心理に不協和が生まれる。

この中国で古くから取り入れられていた洗脳手法、とくにこの朝鮮戦争の事例はフェスティンガーが認知的不協和を発表するより前の話であり、いわゆる中国4000年の歴史のひとつであると考えられる。

パラダイム[編集]

フェスティンガーは不協和の発生しやすい条件にいくつかの種類を見出している。

不十分報酬パラダイム[編集]

信念反証パラダイム[編集]

誘導服従パラダイム[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]