血液凝固

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

血液凝固(けつえきぎょうこ、英語:blood coagulation)とは、血管外に出た血液が凝固することである。

概要[編集]

血液凝固は出血時の止血にとって重要な性質である。血液凝固が正常に起きないと止血が円滑に行われなくなる。このような状態を出血傾向という。

仕組[編集]

一次止血[編集]

血管壁に損傷が生じると、血小板が活性化され、血小板が凝集・粘着してをふさぐ。これを一次止血という。

血小板障害血管疾患フォン・ウィル・ブランド病(vWD)などにより一次止血の異常が起こる。

二次止血[編集]

つぎに血液中凝固因子が次々と連鎖的に活性化され、プロトロンビントロンビンとなり、トロンビンの作用によりフィブリノーゲンが分解されフィブリン繊維素)となる。 フィブリンは網状になり、血小板血球をとらえ、血栓(血管壁に付着した凝血塊)を形成してをふさぐ。これを二次止血という。

繊維素溶解[編集]

の修復に伴い、凝固プロセスは徐々に停止する。

プラスミノーゲンプラスミノーゲン活性化因子(t-PA)により活性化されプラスミンとなり、プラスミンの作用で血栓を作っていたフィブリンが溶解される。これを繊維素溶解という。また三次止血と呼ぶこともある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]