萎縮

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

萎縮(いしゅく、英語:atrophy)とは、組織臓器が、細胞容積または細胞数の減少により容積を減らすことである。

概要[編集]

萎縮とは正常な容積に発育した臓器組織が、様々な要因により、細胞容積または細胞数が減少し、それにともない容積も減少した状態のことである。

萎縮に対して、細胞容積が増加しすぎた状態を「肥大」、細胞数が増加しすぎた状態を「過形成」という。また、正常な臓器組織が容積まで達しない場合を「低形成」あるいは「形成不全」、まったく発育しない場合を「無発生」と呼ぶ。

萎縮の分類[編集]

形式による分類[編集]

萎縮の形式により、以下のように分類される。

  • 単純萎縮 - 実質細胞の縮小による。いわゆる凝縮
  • 数的萎縮 - 実質細胞数の減少による。いわゆるスカスカ

原因による分類[編集]

萎縮の原因により、以下のように分類される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]