肝胆膵

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

肝胆膵(かんたんすい)とは、肝臓(かんぞう)、胆道(胆嚢胆管)、膵臓(すいぞう)の総称である。

肝胆膵では、消化管(小腸大腸)で消化吸収した食物を、化学的に分解・合成し、身体の構成成分や栄養分を作り出すのが主な役割である。