等角グラフ

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

等角グラフ(英語:isometric graph)とは、三次元のデータを、二次元の物体に描き出す手法のことである。

概要[編集]

液晶ディスプレイなどにワイヤーフレームポリゴンボリュームレンダリングなどを用いて仮想的に3次元っぽく見せる手法の総称である。 遠近法は凄い発明である。

ゲーム業界や医用の画像ワークステーションなどでは「3D」と呼ばれるものである。 立体視ディスプレイを開発している人々は等角グラフを指して「2.5D」と呼ぶ。

医学においてもっとも身近な等角グラフはエクセルなどを用いた3軸のグラフであろう。

関連項目[編集]

参考文献[編集]