神経内科

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

神経内科とは、神経系大脳小脳脊髄末梢神経系筋肉)における炎症変性腫瘍血管障害代謝ホルモン等 の異常により生ずる病気を扱う診療科のひとつである。


症状としては、しびれやめまい、力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重 にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などです。


主な取り扱い病気[編集]

  • 脳卒中(脳梗塞・脳出血・脳塞栓)
  • 脳炎
  • てんかん
  • 脊椎椎間板ヘルニア等による脊髄の障害
  • パ-キンソン病
  • 多発性筋炎
  • 筋ジストロフィ-症
  • 多発性神経炎

 

関連項目[編集]

参考文献[編集]