磁気共鳴血管撮影

提供: メディカルウェア
磁気共鳴血管画像から転送)
移動: 案内検索

磁気共鳴血管撮影 (Magnetic Resonance Angiography, MRA) とは、MRIを応用し血管を撮影する医用画像の撮影法のひとつである。 DICOMで規定されるモダリティコードは「MA」である。

概要[編集]

MRIが水素原子核からの信号をとらえるという特性を利用して、水素原子核の塊である血液を捉え、かつ余計な部分を画像処理によりふるい落とすことで、血管を強調して断層画像化する撮影手法である。

その抽出アルゴリズムは特許でガチガチに固められていたりし、別売りオプション機能だったりすることもある。

MRAはMRIの応用技術のひとつであるが、MRIとMRAを別物としているのが一般的である。

MRAは血管造影という名前がついているが、基本的にハードウェアの動き方とソフトウェアの再構成技術で実現しているものであり、造影剤は必ずしも必要ではない。ただし、より強調するために造影剤を用いることもある。

関連用語[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]