眼瞼下垂症

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

眼瞼下垂症 (がんけんかすいしょう、Ptosis)とは、眼瞼挙筋 (がんけんきょきん)と呼ばれるまぶたを持ち上げる筋肉が弱まっていることで十分にが開かない状態のこと。

先天的に眼瞼挙筋の機能がない、もしくは機能が弱い場合を先天性眼瞼下垂症という。

加齢とともに筋肉が伸びてしまったり、持ち上げるためのあそびが大きく、しっかりと目が開かないものを後天性眼瞼下垂症もしくは腱膜性眼瞼下垂症という。

腱膜性眼瞼下垂症の主な原因は加齢であり、症状に程度の差こそあれ、50歳を過ぎた大半のは眼瞼下垂症になっていると考えて良い。

近年は長期のコンタクトレンズの使用や、アトピー性皮膚炎花粉症などにより、まぶたを頻繁にこすることにより、若年性の眼瞼下垂症も増加傾向にある。

まぶたを持ち上げる筋肉が伸びて開きにくくなった場合、体は代償的にしっかりとを見開こうとしての筋肉(前頭筋)を使って目を開けようとする。このような状態が繰り返されると前頭筋は常に緊張した状態になり、前頭筋の力によって目を開けてしまう癖がつく。前頭筋まぶたの中のミューラー筋というのは交感神経に作用しており、常に緊張が続く事で交感神経に何らかの障害をもたらす。その代表的な症状として偏頭痛肩こりがあげられる。