痛風

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

痛風(読み:つうふう、英語:gout)とは、高尿酸血症によって引き起こされる関節炎をきたす疾患である。

概要[編集]

痛風は原発性のものでは、遺伝的疾患プリン体代謝異常尿酸合成酸素欠損(活性低下)により尿酸の上昇をきたす。 尿酸組織沈着が起り、足親指などの関節痛風発作を起こす。

主に壮年の男子に好発する。

名称の由来は「風があたるだけでも激痛が走る」であるとされ、ほんとうに痛いらしい。 ある患者の例では、出社しようとした際にマンションの自室玄関で痛風発作がおき、1階ロビーまで30分かけ這いずり、限界を感じ救急車を呼んだという。

検査[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]