獲得免疫

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

獲得免疫(かくとくめんえき)とは、免疫のひとつで、後天的に外来異物の刺激に応じて形成された免疫のことである。

概要[編集]

獲得免疫は後天的に外来異物の刺激に応じて形成された免疫のことである。自然免疫とは異なり免疫記憶を形成する特異的免疫機構である。

また、獲得免疫の一部は胎盤を通じて母胎から胎児へと移行し蓄積されるという特徴がある。これにより生まれたての乳児は自ら強い免疫を生産できないが、から受け継いだ強い免疫力でしばらくの間は守られることとなる。

獲得免疫のしくみ[編集]

大雑把に言うと、T細胞細胞性免疫を担当し、B細胞液性免疫を担当する。

  1. マイクロファージが異物を捕食し、抗原を解析し、T細胞に伝える
  2. T細胞サイトカイン分泌し、B細胞を活性化する
  3. B細胞抗体液性免疫)を生産する
    B細胞形質細胞への分化により抗体の大量生産を始める。
  4. T細胞感作されキラーT細胞細胞性免疫)となり、抗原を直接攻撃しはじめる

免疫に関与する細胞[編集]

ヒト免疫グロブリンの種類[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]