札幌ひばりが丘病院

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 札幌ひばりが丘病院
Sapporo hibarigaoka hospital.png
情報
正式名称 医療法人潤和会 札幌ひばりが丘病院
許可病床数 176床
一般病床:118床
療養病床:58床
職員数 170名
機能評価 一般病院1 3rdG:Ver.1.1[1]
管理者 高橋大賀(院長)
所在地
〒004-0053
北海道札幌市厚別区厚別中央3条2丁目12-1

医療法人潤和会札幌ひばりが丘病院は、札幌市厚別区にある医療機関医療法人潤和会が運営する病院である。国道12号線沿いにあり、近年は緩和ケア在宅医療に力を入れている。2017年3月、マスコミの報道により麻薬管理者医療用麻薬並びに2年分の麻薬帳簿を紛失していたことが明るみになった[2]

記者会見に応じる院長と事務長
出典 www.stv.jp

不祥事

札幌ひばりが丘病院医療用麻薬紛失事件
事件について報じるアナウンサー出典 www.stv.jp
事件について報じるアナウンサー
出典 www.stv.jp
場所 日本の旗北海道札幌市厚別区厚別中央3条2丁目12-1
日付 2014年(平成26年)- 2015年(平成27年)
概要 麻薬管理者医療用麻薬並びに2年分の麻薬帳簿を無断で破棄
損害 2014年、2015年度の麻薬帳簿及び医療用麻薬30種類の錠剤やアンプルの計数百個
犯人 30代の薬剤師の男性[3]
容疑 麻薬取締法違反
動機 医療用麻薬のずさんな管理を隠蔽するため[注釈 1]
管轄 厚生労働省北海道厚生局麻薬取締部
  

2014年度と2015年度の2年分の麻薬帳簿がなくなっており[注釈 2]の痛みを和らげるオキシコドンフェンタニルなど30種類の錠剤やアンプル計数百個が、書類上の数量と一致しないことが分かった[3]。 北海道で医療用麻薬に関連した事件としては、2015年に医師看護師麻薬取締法違反により逮捕された八雲総合病院以来である[4]

捜査までの経過

事件の影響

  • 機能評価について
病院機能評価の訪問審査時[注釈 3]に麻薬帳簿と医療用麻薬を適切に管理していないのにも関わらず、評価調査者(サーベイヤー)へ虚偽の報告を行っていた可能性がある。審査結果報告書[8]によると、薬剤科に対し次のような評価を与えている。
薬剤科は病棟や外来などの配置薬剤を定期的にチェックし、適正な薬剤供給、適正な使用と管理、病棟における麻薬等およびハイリスク薬剤の保管と管理など適切である。 —  日本医療機能評価機構 、審査結果報告書
麻薬取締部の捜査結果を待って、機能評価の認定が取り消される可能性も考えられる。
  • 医療用麻薬への規制について
今回の事件を受けて[注釈 4]医療用麻薬の規制が厳しくなる可能性がある[9]
現在 規制が厳しくなった場合
管理場所 病棟や手術室など複数の場所で管理が出来る 薬剤科の一元管理に集中へ
行政の立ち入り検査 職員への聞き取りと帳簿のチェックのみ 帳簿に記載された量と在庫量の照合も行う
入院患者の自己管理 自己管理が出来る 自己管理が出来なくなる

理念

  • 病院理念
  1. 私たちは、患者様と家族様本位の医療を提供できる病院を目指します。
  2. 私たちは、地域に根ざし住民から信頼される病院を目指します。
  3. 私たちは、質の高い在宅医療の普及や情報通信の活用による医療連携推進の取り組みを強化します。
  • 患者さまの権利
  1. 良質な医療を受ける権利
    患者さまは、人間としてその人格を尊重され、適切な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 自己決定権
    患者さまは、自己の病状と経過、検査治療の内容などについて、理解しやすい言葉で説明を受け、自らの意思で医療内容を選択する権利があります。
  3. 情報に関する権利
    患者さまは、自分の診療録の開示や他院を含め他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  4. 秘密保持に関する権利
    患者さまは、個人の情報やプライバシーについて保護される権利があります。

診療科目

内科
呼吸器内科
消化器内科   
緩和ケア内科
老年内科
整形外科
リハビリテーション科

交通

  • JR 厚別駅 [函館本線]・徒歩16分
  • JR 新札幌駅 [千歳線]・徒歩15分
  • JRバス・中央バス or 夕鉄バス:旭町停留所・徒歩1分
  • 札幌市営地下鉄 [東西線]:ひばりが丘駅・徒歩8分

関連施設

  • 札幌ひばりが丘病院指定居宅介護支援事業所
  • ひばりが丘訪問看護ステーション

脚注

注釈

  1. 当時の麻薬管理者はすでに退職しており、病院の聞き取り調査に対して帳簿を作っていなかったことを認めている。
  2. 麻薬取締法では医療用麻薬の流用を避けるため、過去2年分の帳簿を保管するよう医療機関に義務付けている。
  3. 訪問審査は2015年11月12日~13日に実施された。
  4. 厚生労働省の担当者も在庫と帳簿のチェックをきちんと行っていれば行政が見抜けないことはありえないと行政側にも問題があったことを認めている。

出典

  1. 病院機能評価結果の情報提供”. 日本医療機能評価機構. 2017年10月8日閲覧。
  2. “札幌ひばりが丘病院 医療用麻薬をずさん管理”. STV. (2017年3月9日). https://www.youtube.com/watch?v=n0cRiwEpJpE 2017年3月9日閲覧。 
  3. 3.0 3.1 “医療用麻薬の在庫 札幌の病院 帳簿とあわず”. NHK. (2017年3月9日). https://www.youtube.com/watch?v=J0Oafk2xE54 2017年3月9日閲覧。 
  4. 医療用麻薬の所持・自己施用等に係る調査委員会”. 八雲総合病院. 2017年10月22日閲覧。
  5. “医療用麻薬ずさん管理 札幌の病院 帳簿なし、道厚生局捜査”. 北海道新聞. (2017年3月9日). https://i.imgur.com/HcG303h.jpg 2017年3月9日閲覧。 
  6. “麻薬帳簿 2年分、在庫合わず 取締法違反容疑、札幌の病院を捜査”. 毎日新聞. (2017年3月9日). https://mainichi.jp/articles/20170309/ddf/041/040/004000c 2017年3月9日閲覧。 
  7. 7.0 7.1 “札幌の病院で麻薬帳簿紛失 在庫数合わず 麻取が捜査”. 産経新聞. (2017年3月9日). http://www.sankei.com/affairs/news/170309/afr1703090012-n1.html 2017年3月9日閲覧。 
  8. “審査結果報告書”. 日本医療機能評価機構. http://www.report.jcqhc.or.jp/direct/topics/topics_pdf_download/topics_id=4329&no=1 2017年10月8日閲覧。 
  9. “医療用麻薬の管理は 札幌の病院 在庫と帳簿合わず”. NHK. (2017年3月9日). https://www.youtube.com/watch?v=nK9MYH363cU 2017年3月9日閲覧。 

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズ