整理整頓

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

整理整頓(読み:せいりせいとん)とは、効率化のために不要なものを捨て去り、残ったものを規則正しく配置することである。

概要[編集]

整理(捨てる)と整頓(片付ける)という2単語をあわせた言葉である。

整理と整頓を混同して日本語を誤用している事例が多い。たとえば「机の上を整理しておいてくれ」と間違うと「机の上の物を捨てておいてくれ」と取られても文句は言えないので注意する必要がある。

医療[編集]

医療機関を含むサービス業の世界では業務改善の基本であるとして「3S運動」や「5S運動」などと呼ばれ実践されている。これは臨床において「より正確かつ迅速」な検査診療を提供し、さらに「過誤の防止」するチーム医療の基本であるとされる。

教育[編集]

整理整頓された家庭環境子供教育発育にも非常に重要な要素であるといえ、習慣として身につける必要がある。これは文部科学省の指針として、子供を取り巻く住環境は、建物の内外装、建物の内外装、設備、家具什器、庭の樹木、草花などにいたるまで、そこに暮らす子供が大切にされているというメッセージを感じられるようにすることが求められている。よって家庭環境はもとより児童養護施設などの評価基準として初歩的に存在している項目となっている。

そのような住環境を徹底しているにも関わらず、整理整頓が出来ない子供医学的にみてアスペルガー症候群ADHDなどの発達障害の疑いが強いとされる。なお、必ずしも発達障害というわけでもなく、発達障害を心配して受診した親を問診した結果、最近では親が率先して整理整頓を実践してしまいすぎ、子供が整理整頓をする機会がないという「あまやかし」に近い事例であったという報告も多々ある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]