放射性ヨウ素

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

放射性ヨウ素とは、放射性同位体であるヨウ素の総称である。

放射性同位体は定期的に放射性崩壊をおこし、その際には放射線を発する。そのような状態のヨウ素のことである。

中でもウランの核分裂によって生成されるヨウ素131(131I半減期8.06日)やヨウ素133(133I、半減期20.8時間)が有名で、チェルノブイリ原子力発電所の事故では大気中に大量に放出され、放射線障害を引き起こした。

一方で放射性ヨウ素の多くは放射性ヨウ素剤としてシンチグラフィなどの医療用途にも用いられている。ヨウ素123(123I)やヨウ素131(131I)は単一光子放射断層撮影SPECT)に、ヨウ素124(124I)はポジトロン断層法PET)に用いられている。また、ヨウ素131(131I)は甲状腺機能亢進症甲状腺ガンなどの放射線治療にも用いられている。

関連項目[編集]