大口病院

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 大口病院
Ooguti.jpg
情報
正式名称 特定医療法人財団慈啓会大口病院
許可病床数 85床
一般病床:42床
療養病床:43床
管理者 鈴木 峻(院長)
所在地
〒221-0002
神奈川県横浜市神奈川区大口通130

特定医療法人財団慈啓会 大口病院とは、神奈川県横浜市神奈川区にある医療機関である。系列には急性期大口東病院や、大口訪問看護ステーションなどがある。病床数は85床のケアミックス病院である。2016年9月、入院中の男性患者が死亡し、司法解剖の結果、死因が中毒死と判明したと明らかになった[1]。2017年9月、名称を横浜はじめ病院へ変更する予定であることが発表された[2]。2017年12月1日、「横浜はじめ病院」と正式に名称が変更され診療が再開された[3][注釈 1]

詳細は「大口病院#点滴連続中毒死事件」を参照

会見に応じる病院職員
出典 mainichi.jp

診療科目

診察時間

予防接種

交通

  • JR横浜線「大口駅」西口・徒歩3分

保有医療機器

点滴連続中毒死事件

点滴連続中毒死事件
頭を下げ、謝罪する院長(当時)出典 mainichi.jp
頭を下げ、謝罪する院長(当時)
出典 mainichi.jp
場所 日本の旗神奈川県横浜市神奈川区大口通130
標的 入院患者
日付 2016年(平成28年)
死亡 入院患者2人[4]ほかに多数か[注釈 2]
犯人 不明
容疑 殺人罪
動機 職員同士のトラブルか[注釈 3]
管轄 神奈川県警
  

概要

2016年9月、入院中の男性患者2人が死亡し、司法解剖の結果[注釈 4]、死因が中毒死と判明[4]。神奈川県警は現場の状況などから、何者かが男性の点滴に異物を混入した疑いがあるとみて、殺人事件と断定し、捜査を始めた。同病院の2~4階に入院していた患者50人全員の血液を採取して鑑定した結果、界面活性剤の成分は検出されなかった[5]。4階ナースステーションで保管されていた未使用点滴約50袋のうち約10袋でゴム栓部分の保護シールに注射器の針で開けたような穴が見つかり、特捜本部が中身の鑑定を進めていた。穴が開いた点滴には2人以外の名前が書かれたものもあった。中毒死した2人の体内や点滴から同じタイプの界面剤成分が検出された。ステーションにあった消毒液「ヂアミトール[注釈 5]」を混入された疑いがある[6]。横浜市は臨時の立ち入り検査を実施。薬剤の管理方法など安全管理体制について院内の状況を確認し、院長や看護師長らから聞き取り調査を行った[7]。 同月、臨時立ち入り検査の結果を病院側へ通知。計13項目について行政指導をした[8] 。10月、過去に受診歴がある外来患者のみ診療を再開。新規の入院患者の受け入れは中止し、入院していた患者には転院をすすめた。12月、全員の転院が完了後、入院病棟も閉鎖し、外来診療についても内科リハビリテーション科は受け付けを中止した。それに伴い、職員のほとんどが退職[9]

脚注

注釈

  1. 新名称には「新たなスタートを切りたい」との思いを込めている。病院創設者名にも由来し、職員らが複数の候補から投票で決めたという。
  2. 2か月間で4階の入院患者計48人が死亡。院長自身も多いと感じていたが、院内感染の恐れもなく、病院の性格上(療養型)ということもあり、重症者が増えたためと認識していた。
  3. 事件前から職員の飲み物に異物混入やエプロンが切り裂かれるなどのトラブルがあり、匿名で横浜市に通報があった。
  4. 点滴が泡立っていることを不審に思った病院側が神奈川県警に連絡。
  5. ベンザルコニウム塩化物液。ヂアミトールは商品名。一般に逆性石鹸として殺菌・消毒用に用いられる。

出典

関連項目

外部リンク