国際放射線学会

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

国際放射線学会 (International Society of Radiology,ISR)とは、世界でもっとも歴史のある放射線学会である。

国際放射線医学会議ICR)の開催などを行っている。 また、本学会の分科会である国際放射線防護委員会ICRP)は諸般の事情により本学会よりも有名な状況となっている。

概要[編集]

世界各国の放射線関連学会の集合体であり、たとえば総会は北米放射線学会などが先進的な学術発表・研究発表が主体なのに対して、国際放射線学会は約2年に一度のペースで発展途上国を中心に開催され、その内容も教育講演を主体としている。国際放射線学会の開催にあたり、主に北米放射線学会から数千人規模の講師が招集されるなど、海外での知名度は比較的高いが、日本での認知度は非常に低く、存在すら知らない医療従事者も存在するほどである。

国際放射線学会は「教育」が主体であり、教育講演やワークショップは放射線科医向けや放射線技師向け、看護師向けまで充実している。一方で併設される展示会は比較的こぢんまりとしており、地域密着型のベンチャー企業などが多数出展している。北米放射線学会のようにモダリティメーカー主導で商業的にも政治的にも強い意味合いをもつ展示会とは大きく趣旨・様相が異なる内容となっている。

ベクレル賞[編集]

Antoine Beclere Medal.jpg

ベクレル賞は、放射線医学教育における世界で最高の賞賜である。類似の賞賜としては北米放射線学会において放射線医学研究に授与する Summa Cum Lauda / Manga Cum Lauda / Cum Lauda がある。

開催地[編集]

  • 1回 1925 ロンドン(イギリス)
  • 2回 1928 ストックホルム(スウェーデン) ICRU,ICRPの創設
  • 3回 1931 パリ(フランス)Beclere博士会長,キューリー夫人出席
  • 4回 1934 チューリッヒ(スイス)
  • 5回 1937 シカゴ(アメリカ合衆国)
  • 6回 1950 ロンドン(イギリス)
  • 7回 1953 コペンハーゲン(デンマーク)国際放射線学会(ISR)を組織
  • 8回 1956 メキシコシティー(メキシコ) 最高の参加者
  • 9回 1959 ミュンヘン(ドイツ)
  • 10回 1962 モントリオール(カナダ) 5ヶ国語同時通訳
  • 11回 1965 ローマ(イタリー) 参加者 7,000人
  • 12回 1969 東京(日本) 参加者 3,000人
  • 13回 1973 マドリッド(スペイン) 参加者 5,000人
  • 14回 1977 リオデジャネイロ(ブラジル)
  • 15回 1981 ブラッセル(ベルギー)
  • 16回 1985 ハワイ(アメリカ合衆国) 参加者 1,500人
  • 17回 1989 パリ(フランス) 参加者 7,000人
  • 18回 1994 シンガポール Beclere Fund 創設
  • 19回 1996 北京(中国) 参加者 5,000人
  • 20回 1998 ニューデリー(インド) 参加者 5,000人
  • 21回 2000 ブエノスアイレス(アルゼンチン) 参加者 4,500人
  • 22回 2002 カンクーン(メキシコ) 急遽開催したため,参加者少ない
  • 23回 2004 モントリオール(カナダ) 参加者 3,500人
  • 24回 2006 ケープタウン(南アフリカ)
  • 25回 2008 マラケッシュ(モロッコ)
  • 26回 2010 上海(中国)
  • 27回 2012 サンパウロ(ブラジル)
  • 28回 2014 シャルム・エル・シェイク(エジプト) - 予定

関連項目[編集]

参考文献[編集]