医用工学

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

医用工学(いようこうがく)とは、医学および医療を科学化、あるいは近代化する手段の1つである。BMEあるいはMEとは医用工学のことである。生体計測生体刺激生体代行医用情報処理の4つから構成される。

概要[編集]

医学および医療は、医学と電子工学の境界である医用電子工学(Medical electronics)すなわちME を、医学の研究・臨床における診療に、その機器や技術、方法論を導入することにより飛躍的に発展した。医学が生物学を含み、電子工学が機械工学や材料工学、高分子化学などを含むようになった時代に、両者が医学・生物学と理工学の分野の広い領域を指向するようになって医用電子工学は医用工学と呼ばれるようになった。

発展[編集]

医用工学と電子工学、光学とが合わさって医用オプトエレクトロニクスの分野が登場した。この分野から、超音波ホログラフィーレーザーメス赤外線サーモグラフィーレーザードプラ流量計測などの技術が開発された。さらに現在も応用装置が次々に実用化されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]