免疫不全症

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

免疫不全症(読み:めんえきふぜんしょう、英語:immunodeficiency disease)とは、なんらかの原因により生体の防御機構である免疫が弱まる状態(免疫不全)によって起きる疾患のことである。

概要[編集]

分類[編集]

病因による分類[編集]

免疫不全症は、免疫機構自体の障害によって起こる原発性免疫不全症と、外因や免疫系以外の基礎疾患が原因となって起こる続発性免疫不全症に大分類される。前者は遺伝的原因によるものが大部分を占め、後者は副腎皮質ホルモン免疫抑制剤の投与、感染症悪性腫瘍などが原因となる。免疫不全症は免疫機構のどこが侵されるかによって多様な状態を示す。

原発性免疫不全症[編集]

続発性免疫不全症[編集]

後天性免疫不全症候群(通称:エイズ)が有名。

免疫機構による分類[編集]

免疫不全症は免疫系機構より、以下の3つに大分類される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]