人工甘味料

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

人工甘味料とは、砂糖や果糖の代用として人工的に作られた甘味料のことである。

概要[編集]

人工甘味料は合成こそ人工的に可能だが、人体にあたえる優位性や危険性の研究が進んでいるとは言い難い。

ただ糖分の過剰接種は、東の横綱「タバコ」、西の横綱「糖分」と言われるほど様々な疾病へ発展する危険性が高いため、近年ではその代用として菓子や飲料水に多用されている。

危険性[編集]

菓子や清涼飲料に広く使われているサッカリンなどの人工甘味料には、代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩して血糖値が下がりにくい状態にする作用があるとする研究結果を、イスラエルの研究チームが英科学誌ネイチャー電子版に2014年9月17日発表した。

人工甘味料は虫歯予防カロリー摂取量を抑えるのに役立つ一方で、糖尿病肥満といった生活習慣病のリスクが高まる可能性を指摘する。サッカリン以外の別の人工甘味料のスクラロースアスパルテームにも同じ作用があることをマウスを使った実験で示した。研究チームの研究者は「大量に使われている人工甘味料の影響について再評価する必要がある」と警告している。 [1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]