レセプト・オンライン

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

レセプト・オンラインとは、保険診療診療報酬をインターネット経由で直接請求するシステム。

レセプト・オンラインは厚生労働省により2011年4月1日から義務化され、原則として紙レセプトは受け付けないものとなった。 なお診療所などレセコンの入替が著しく難しい場合は2年間の延長が認められており、完全義務化は2013年4月1日からとなっている。

レセプト・オンライン対応レセコンの導入を促進する目的で補助金(助成金)291億円が計上され、以下のような条件で分配された。

ただしレセプト・オンライン対応レセコン製品は軒並み1000万円以上と高値を付けており、この程度の金額では足しにもならなかったのが実情で、義務化半年前の2010年10月時点での導入率は40%程度にとどまっていた。