リナグリプチン

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

リナグリプチンとは、ドイツのベーリンガー・インゲルハイム社が創製した経口DPP-4阻害薬一般的名称である[1]

概要[編集]

リナグリプチンはインスリン分泌を促すDPP-4阻害薬のひとつである。DPP-4阻害薬は2型糖尿病患者に対して単剤での投与低血糖副作用が出にくいという特徴をもつ糖尿病治療薬であり、血糖値を下げる作用も強いため糖尿病治療で多用されている。リナグリプチンは日本で4番目に承認されたDPP-4阻害薬である。

先行する他のDPP-4阻害薬はほぼ腎臓で排泄されるのに対して、リナグリプチンはほぼ便として排泄されるという特徴を持っている。そのため腎機能が低下している患者に対しても用量調節を行う必要がなく使用できる。

また、リナグリプチンは肝臓での代謝をほとんど受けずに胆汁と一緒に排泄される。そのため肝機能が低下している患者に対しても使用できる。

禁忌[編集]

必ず添付文書を参照せよ[1]

禁忌(次の患者には投与しないこと)

  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 糖尿病性ケトアシドーシス糖尿病性昏睡又は前昏睡
    1. 1型糖尿病患者
      輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。
  3. 重症感染症、手術前後、重篤外傷のある患者
    インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。

商品名[編集]

  • 先発:トラゼンタ
    製造販売承認:2011年7月1日
    薬価収載:2011年9月12日
    薬価:5mg,1錠,209.40円

関連項目[編集]

参考文献[編集]