ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型 (英語:Haemophilus influenzae Type b, 略称:Hib)とは、真正細菌であるインフルエンザ菌の一種である。

なお、インフルエンザ菌インフルエンザウイルスはまったくの別物である点に注意する必要がある。

名称について[編集]

ヘモフィルスインフルエンザ菌b型(Hib)は名称に「インフルエンザ」と付いているが、これはHibが最初に発見されたのがインフルエンザウイルス感染した患者からであったことによるものであり、一般的に知られているインフルエンザウイルスとはまったく異なるものである。

なお、あまりにも長い名称なので日本では「ヒブ」と呼ばれることが多い。

概要[編集]

Hibはヒトからヒトへ飛沫感染し、鼻腔腔保菌され、これが病原菌となり、肺炎喉頭蓋炎敗血症などの重篤な感染症全身疾患を引き起こす。

なかでも髄膜感染するHib髄膜炎細菌性髄膜炎)は、とくに重篤かつ頻度が高く、予後も非常に悪い病気である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]