フィルムデジタイザー

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

フィルムデジタイザー(film digitizer)とは、アナログな写真フィルムをデジタル画像(≒DICOMファイル)として取り込む機能などを有した業務用のイメージスキャナーのことである。

単に「デジタイザー」と呼ばれることが多い。

概要[編集]

医用フィルムデジタイザーは大雑把にいえば各種X線撮影で得られたアナログな写真フィルムをDICOMファイルに変換する装置である。

ハードウェア[編集]

医用フィルムデジタイザーはハードウェア的にはデジタルカメラの普及により最近では見かけなくなったが、かつて広く一般市販されていたフィルムスキャナーを巨大化したもので、医療現場で広く使われているA3サイズ(297mm×420mm)とA2サイズ(420×594mm)の中間くらいのサイズである半切サイズ(356mm×432mm)の写真フィルムを取り込めるというものである。

なお、スキャナーとひとことで言っても医用フィルムデジタイザーでは検査単位やシリーズ単位の複数枚の写真フィルムを連続して取り込めるようにオートシートフィーダーを搭載している製品が一般的であり、いわゆるフラットベッドスキャナーではなく、最近流行の「書籍の自炊」などで使われているドキュメントスキャナーとほぼ同じような構造の製品が多い。

ソフトウェア[編集]

医用フィルムデジタイザーは取り込みに使われるソフトウェアも若干特殊であり、世間一般ではまず見かけない各種DICOM規格に対応している製品が一般的である。まずDICOMファイルとして出力できなければ論外であるのはもちろんのこと、そのDICOMファイル中に含まれるDICOMタグ患者名などの付随情報)をシリーズ単位で一気に編集できないと不便なのは言うまでもない。またDICOM通信を用いてDICOMサーバーに送信保管できる機能も必須であると言える。

モダリティコード[編集]

医用フィルムデジタイザーで取り込んだDICOMファイルに記載されるモダリティコードは一般的にSCセカンダリキャプチャー)(SC)、またはOT(その他)が用いられている。

ただし、製品によってはモダリティコードを自由に変更できるものもあるため、PACSにおける検索性を重視して、強引にCRX線一般撮影)やCTコンピューター断層撮影)などとしている医療機関なども少なからず実在している。

代用[編集]

ちなみにハードウェア的には透過原稿ユニットを装着できるA3サイズくらいの市販フラットベッドスキャナーでフィルムデジタイザーの代用することも出来なくはない。この場合、半切サイズの方がA3サイズより若干大きく、取り込み時に端が切れることになるが、撮影時に端ギリギリまで使って撮影していることなど希であり、あまり問題になることはない。どちらかというと、この手製の手法ではDICOM関連のソフトウェアをどうするかという点の方と、非常に手間がかかるという点の方が問題になると思われる。

主な製品[編集]

日本バイナリー株式会社 X線フィルムデジタイザ [1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]