ヒューマンエラー

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

ヒューマンエラー(英語:human error)とは、人為的な失敗のことである。 日本のJIS規格では「意図しない結果を生じる人間の行為」と定めれている。

概要[編集]

人間が行う行為である以上、かならず失敗(エラー)は起こりえる。ヒューマンエラーとはその失敗の総称である。ヒューマンエラーは疲労錯覚など様々な要因により引き起こされる。

対策[編集]

人間が行うなんらかの行為である以上、ヒューマンエラーに対する100%完璧な対策などありえない。よって可能な限り100%に近づけようという対策を講じることになる。

なお、ヒューマンエラーがいつどういう状況で起きるかを予見することは難しく、基本的に「失敗と改善の蓄積」しかないと言える。しかも学閥医療機関企業を超えた横断的な状況共有が絶対的に必要とされる分野であるといえる。


関連項目[編集]

参考文献[編集]