ドライイメージャー

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

ドライイメージャー(英語:dry imager)とは、富士フィルムが開発した熱だけを利用して写真を現像するドライ画像形成技術ドライ写真技術)をもちいた写真現像機のことである。

大雑把にいえば印刷用紙に専用フィルム(ドライ画像記録用フィルム)を用いるレーザープリンターであり、ドライレーザーイメージャー(dry laser imager)やレーザーイメージャーと表記しているモダリティメーカーもある。

概要[編集]

ドライイメージャーはいわゆる古くから使われる銀塩写真をもちいたレントゲン写真の欠点とされてきた「使い終わった後の処分に困る現像液」が不要であり、産業廃棄物が出ないという扱いやすさ、コストパフォーマンスの良さ最大の特徴である。いわゆる環境にやさしいエコ商品である。

なお、さらなるエコを追求しフィルムすら排除しようというPACSの普及によるフィルムレス化が進んでいることもあり、万が一の際のバックアップ目的や外部への持ち出し時などの補助的な用途に使うものになりつつある。しかしながらいくらフィルムレスを追求してもやっぱり小型機でもいいのでドライイメージャーが1台は無いと緊急時などに不便である。ここら辺は適材適所・バランス感覚が必要である。

ほぼすべてのドライイメージャー製品はDICOM規格の定義されるDICOMプリントおよびDICOM通信に準拠しており、さまざまなモダリティ機器DICOMビューアーなどからネットワークプリンターのように利用することができる。また通常のモノクロプリンタとして印刷することが出来る機種もあり、それらではパソコンからDICOMではないビットマップやJPEGといった一般的な画像を印刷するといったことも可能である。

主な製品[編集]

富士フィルム

関連項目[編集]

参考文献[編集]