スカウト画像

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

スカウト画像(Scout Image)とは、CTなどの断層画像における位置を確認するための別視点から見た画像のことである。

主にCT検査時の最初に撮影を行い、スカウトビューと呼ばれる画面でその画像で位置確認しながら本撮影を行う。CTにおけるスカウト画像の撮影は、管球を真上位置に固定し(回転させずに)、ベッドのみを移動させながら撮影することで、X線一般撮影のような画像を取得する。ここで取得した画像は検査の1シリーズとしてPACSに送っておけば、ほとんどのビューアでスカウト画像と認識され、適切に表示される。

DICOMビューアーをはじめとする医用画像ビューアーMPR機能が備わっていれば、撮影時に用意しなくとも画像参照時にリアルタイムで作り出すことが可能である。

DICOMビューアーによっては、MPR機能で算出するのではなく、予め用意された人体イラスト画像で表現しているものもある。あくまでイラストであり実際の画像ではないため大雑把な位置表示になるが、2D MPRよりも方位表示や処理速度などの面で優れている。この機能はボリューム・レンダリングによるスカウト画像生成が行えれば不要であるが、ボリューム・レンダリングは計算量も多く、古い電子カルテ端末などでも画像参照する場合は非現実的であり、また2D MPR機能ならまだしも、ボリューム・レンダリングや3D MPR機能を使えるDICOMビューアーともなると、その価格も一気に跳ね上がる傾向があるので、ある意味優れたトレードオフであると思う。

その表示方法は、1つの画像として扱うものから(MPRを用いるビューアーではこの方式が多い)、メイン画像の隅に小窓で控えめに表示するもの(おすすめ)まで様々である。

関連項目[編集]