サルモネラ

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

サルモネラ(salmonella)とは、グラム陰性桿菌で、主にヒト食中毒チフス性疾患を引き起こすの総称である。

概要[編集]

サルモネラ属には400種以上の菌種が含まれるが、ヒト病原性を持っているはゲルトネル菌ネズミチフス菌など一部である。

サルモネラによる食中毒は、その症状は他のブドウ球菌などの細菌による腸炎よりも強烈で、38〜40℃の発熱、激しい腹痛下痢などの腸炎症状を示し、また回復も遅い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]