コデイン

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

コデイン(codeine)とは、アヘンに含有されるアルカロイドである。 メチルモルヒネなどとも言う。

概要[編集]

コデインはモルヒネなどと共にアヘンに含有されるアルカロイドであり、モルヒネメチル基が入った構造となっている。 コデインはアヘン中に1.3〜5.4%くらい含まれている。

コデインはモルヒネと非常に似た構造を持っているが、薬理作用は大きな差がある。 毒性モルヒネの1/20程度で、モルヒネのように便秘を引き起こすことも少なく、また習慣性中毒性)も低い。 鎮咳作用モルヒネの約1/3と劣るが、毒性が約1/20であるため、日本では鎮咳薬として広く使われている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]