コエンザイム

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

コエンザイム(英語:coenzyme)とは、酵素(英語:enzyme)を何かしら補佐する低分子有機化合物の総称である。

概要[編集]

一般的によく知られているのはビタミンである。たとえば英語の医学書論文などではビタミンB12コエンザイムB12と書かれていたりする。

補酵素と酵素の結合[編集]

補酵素アポ酵素(apoenzyme、補酵素を欠く酵素タンパク質部分)はそれぞれ単独では化学反応触媒として機能せず、両者が混在する条件と基質分子が存在することにより、初めて酵素として機能する。補酵素アポ酵素結合した機能性酵素のことを「ホロ酵素(holoenzyme)」という。なお全ての酵素補酵素を要求するわけではない。

アポ酵素 + 補酵素 \overrightarrow \leftarrow ホロ酵素

補酵素酵素結合は一般的にはゆるく、透析などの実験操作によって容易に外れる。結合の強さは一般的に解離定数(かいりていすう・かいりじょうすう)という数値によって示されるが、解離定数の数値によって補酵素であるか補欠分子族となるかの基準は存在しない。

補酵素の機能[編集]

補酵素は生体内で原子団物質分子内である特定の原子が集団となっているもの)の運搬を行うが、原子団の授受を行うことを意味する。授受を行う状態についてはそれぞれ、

という用語が用いられる(~~は伝達を行う物質名)。この両者の機能を有する物質名として『~~伝達体』と言う呼称が与えられる。例えば、もっとも有名な補酵素である補酵素Aに関しては、

等と表記される。

補酵素は遊離状態を呈することによって、1種類の物質をもって様々な代謝系に対応する。例えば補酵素Aではクエン酸回路およびβ酸化に関与している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]