グレイスケール標準表示関数

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

グレイスケール標準表示関数 (Grayscale Standard Display Function, DICOM GSDF)とは、DICOM規格の14章(DICOM3.0 Part14)で規定されているグレイスケール画像を表示する際に「高精細モニターの場合は輝度がこんなカーブだと見やすいよね」「フィルムへの印刷の場合はこんなカーブが見やすいよね」という二次曲線グラフを数式化したもの。

簡単に言うと高精細モニターの工場出荷時設定(初期設定)のことである。

概要[編集]

グレイスケール標準表示関数の数式は人間工学に基づいて算出したものであるとされている。

ただし人間工学とは基本的に統計もといアンケート結果の中央値(平均値じゃないよ)であり、「おそらく多くの人にとって見やすいであろう」というものであるため、あなたの目の特性と一致するとは限らないので注意が必要である。

院内の多くのスタッフで共有している高精細モニターのキャリブレーションを行う際にはグレイスケール標準表示関数の基準値に近くなるようにするのが望ましい。一方で個人専用に読影用の高精細モニターが用意されている場合は自分の見やすいように高精細モニターの設定を行うのが望ましい。

関連項目[編集]