クモ膜下出血

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索
クモ膜下出血
subarachnoid hemorrhage
分類及び外部参照情報
ICD-10 I60, P10.3, S06.6
ICD-9 430, 852.0-852.1
OMIM 105800
DiseasesDB 12602
MedlinePlus 000701
eMedicine med/2883 neuro/357 emerg/559
MeSH D013345

クモ膜下出血 (くもまくかしゅっけつ、Subarachnoid Hemorrhage, SAH)とは、クモ膜下腔出血のことである。

概要[編集]

クモ膜下出血(SAH)は血腫による髄膜刺激による激しい頭痛嘔吐が特徴である。特にSAHは「バットで殴られたような」と表現されるように、その頭痛初期症状から半端ではないと言われており、患者の多くは救急車で早期に来院する。このためSAHは診療を早期に開始できることが多く、またSAHは治療がうまくいけば後遺症なく軽快することが多いため、脳外科医も腕の見せ所とばかりに燃え上がる。

なお、クモ膜下腔Luschka孔Magendie孔で繋がっている脳室出血である脳室内出血症状などが同じため、患者に説明するときは知名度の高い「クモ膜下出血」と一括りにするのが一般的である。

急性期の場合はCTでもMRIでも同程度によく見えるが、発症から数日経過した慢性期の場合はMRIFLAIR)の方がよく見える。

原因[編集]

主に脳動脈瘤破裂脳動静脈奇形破裂もやもや病外傷による。

合併症[編集]

主に再出血、脳梗塞水頭症を合併することが多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]