エストロゲン

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

エストロゲン(アメリカ英語:estrogens、イギリス英語:oestrogens)とは、人間およびその他の動物の発情周期で重要な役割をもつ化合物のことである。

日本では女性ホルモン卵胞ホルモンなどと呼ばれることが多く、むしろ一般にはこちらの方が有名であると言える。

概要[編集]

エストロゲンは、すべての脊椎動物と、いくつかの昆虫が生合成することがわかっており、発情をうながす性ホルモンは進化の歴史を知るうえ重要なものであると言われている。 [1] [2]

また、エストロゲンはいくつかの経口避妊薬や、閉経後の女性のためのエストロゲン代償療法、さらにはニューハーフのためのホルモン補充療法などで使用されている。

語源[編集]

エストロゲンの語源はギリシャ語でestrus(発情)と-gen(生じる)が来ており、その名の通りエストロゲンの分泌がピークに達した状態のこそが「発情」であると言われていたことに由来する。 [3]

種類[編集]

天然物のエストロゲンはステロイドホルモンであるが、人工合成物の中には非ステロイドホルモンである物も存在する。

ステロイド[編集]

女性が自然に発生させるエストロゲンは主に以下の3種類が知られている。

非ステロイド[編集]

生合成[編集]

機能[編集]

医学への適用[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. Ryan KJ (1982 August). “Biochemistry of aromatase: significance to female reproductive physiology”. Cancer Res. 42 (8 Suppl): 3342s–3344s. PMID 7083198.
  2. Mechoulam R, Brueggemeier RW, Denlinger DL (2005 September). “Estrogens in insects”. Cellular and Molecular Life Sciences 40 (9): 942–944. doi:10.1007/BF01946450.
  3. Greek Word Study Tool: oistros”. Perseus Digital Library. 2011年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]