アルカローシス

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

アルカローシス(英語:alkalosis)とは、通常時は7.35~7.45程度である血中pH血液pH)が、7.45を上回った(塩基性に傾いた)状態のことである。

逆に7.35を下回った(酸性に傾いた)状態をアシドーシスという。

概要[編集]

アルカローシスは体内の酸塩基平衡塩基側アルカリ性)に傾けさせようとしている何らかの力が働いている状態である。

アルカローシスはその原因により大きくわけて、過呼吸頻呼吸低酸素状態などによる呼吸性アルカローシスと、嘔吐胃液吸引アルカリ剤大量投与、大量輸血などによる代謝性アルカローシスに分けられる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]