アトピー

提供: メディカルウェア
移動: 案内検索

アトピー(atopy)とは、「奇妙な病気」という意味で、アレルギー反応を起こしやすい遺伝的な体質のことである。

概要[編集]

通常のアレルギーは生後に何らかの抗原となる物質身体に侵入することで抗体が作られ、その後に抗原が再び侵入すると過剰反応してしまうことで起きる。

一方、アトピーの場合においては生後1〜3ヶ月の乳児といった抗体を作る能力がまだない状態でも過敏反応を起こす。 アトピーの場合においては薬物による薬疹も現れやすい。 このような過敏反応を起こしやすい体質抗体)はから遺伝的に伝わるものと考えられている。

アトピーの体質によって起こる疾患としてはアトピー性皮膚炎アトピー性鼻炎が有名だが、喘息などもアトピーの症状であることが多い。

主な治療[編集]

アトピーの治療には、アトピー性の疾患の種類によらず、まず食物ダニなどのアレルゲンと考えられる因子を除去すること試みられる。

ステロイド抗ヒスタミン剤抗アレルギー剤などの投与はそれらが完璧でも抑えきれない場合に試みられる。 また、免疫抑制剤は最終手段的に試みられる。

つまりアトピーの患者治療にもっとも基礎的に重要なのは「清潔」などに対する家族の意識改革となる。 掃除洗濯整理整頓によるアレルゲンの除去がなければ薬剤もほぼ無意味である。

ここで勘違いしやすいのは除去すべきなのはバクテリアなどを含む泥汚れではなくダニの死骸などのハウスダストであるという点である。天然の泥汚れとハウスダストはまったくの別物である。表向きの清掃ではなく、テレビやタンスの四隅などの溜まりやすい場所を無くすのも効果的であり、そのような場所となりやすい不要品を捨てる習慣を付けるのが効果的である。また、身体をゴシゴシ洗いすぎて皮膚に存在する常在菌まで殲滅してしまう事例も多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]